2005年08月25日

子供の命名について

はじめての子供が生まれたとき、名前をつけるのに頭を悩ませたことを思い出します。

実は結婚する前から、5年ほど暖めていた名前があるのさ。


 女の子なら、「響湖(きょうこ)」


なんか、澄んだ湖にバイオリンの音色が響き渡るような、そんなイメージなのだ。



しかーし、


「そんな画数が多くちゃ、その子が習字で自分の名前をかいたら、字がつぶれて真っ黒になっちゃうわよ!」


との妻の反対に遭い、あえなく却下。
せっかく5年間も暖めてきたすばらしい名前なのに、、、。
でも、苗字とあわせると、画数は60に迫るほど。
うーむ。やはりダメだ。


そんなこんなで、いろいろ迷って、いろんなサイトを検索したり、
「たまひよ」を買って名づけ辞典なるものの付録を読みあさったり、、。

あと、姓名判断みたいなサイトも訪問したり、、


でも、大体ああいう姓名判断なんて、てきとーなプログラムが根拠もないアルゴリズムによって、「この名前の子は孤独な人生になる」だとか、「この名前では事業では成功するが、家庭生活に問題がある」だとか、結構いい加減なことを言ってくれる。


真に受けるわけはないのだが、こういうのに一喜一憂していてもしかたない。時間のむだであーる。


話をモトにもどしますが、最初の子は、

「顔をみて決めよう」

ということになりました。


以来、2人目、3人目の子供も、候補はいくつか考えるのですが、「顔をみてから決める」方法にしています。


ちなみに、現在7歳の娘の名前は、全部ひらがな。
(やわらかなイメージになります)


3歳の息子の名前は、漢字。好きな作家の文字を一部当てました。意味もあります。


このたび生まれた息子の名前も、漢字。読み方(音)が気に入ってます。



「どうやって読むの?」


とたずねられそうもない、誰でも正しく読んでくれる名前にしました(3人ともね)。

そして、苗字とのバランスも考えた文字数にもしています。


姓名判断しちゃうと、どれもいまひとつの結果になります。
でも、そんなの気にしないモンね。


ちなみに、3人の名前、見事にしりとりになってます。
(狙ってました)



■■命名に関するいろいろな考え方


■当て字について

賛否両論ありますね。
「太郎」と書いて「はなこ」と読ませてもいいらしい。
つまり、音は何でもありなのね。

親の自己満足のために、とてもそういうふうには読めない名前をつけられる子供がかわいそう、だとか、実際に自分の名前がいやになって、改名する子供もいるとか、結構多いらしい。名前を言うたびに、聞き返されるのがイヤになるとか。


逆に、そういう名前を誇りに思う子もいることも確か。
こんなふうに、親の思いが子供に伝わると、いいですね。


ただ、親の子供に対する思いが名前に凝縮されるわけだから、他人にはなんともいえませんね。


ウチは、誰でも間違いなく読める名前、にしましたが、これはこれでいいと思ってます。



■苗字とのバランス

「西田鶴子」のように、「にし たづこ」 なのか「にしだ つるこ」なのか、判断しにくいのは敬遠されるようです。


「渡辺べん」 のように、苗字の最後の字と、名前の最初の字がかぶるのも、敬遠されるようです。読みにくくなるそうです。この例じゃ、どっかの方言みたい(?)


でも、女の子なら、苗字とのバランスは気にしなくてもいいのかな。
結婚すれば、違う苗字になるからね。



■やっぱり、名前は財産だ!

結局、無難に収まった我が家の命名。

でもね、やはり名前は大切ですよ。

だって、その名前がその子の一生について回るわけだし、その名前が大きく歴史に残る可能性だってあるわけだし。


あと、高級ブランドとかみても、「名前」ですよね。


大勝負しているひとは、自分の名前を商品にするんですね。
自分の名前でドメインとったり。


だって、まねされようがありませんから。
コピーしたって、めっきははがれるしね。

自分自身の名前、すなわちそれは原価ゼロのアドバタイジング。


ま、僕もいつかはそういう風になりたいと思っているのだけどね(笑)。



Google
Web blog.askit-bp.com



 ↑  ↑  ↑  ↑
ランキング参加中。
今日は何位だろう?



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/askit_bp/50033439
トラックバックをされる際、当ブログ、もしくは当記事を参照するリンクを貼っていただけると嬉しいです。
記事と関連性のないトラックバックはご遠慮ください。

この記事へのトラックバック
第3子お誕生おめでうございます。家探しをしている方一度のぞいて下さい。
自宅を高く売る方法 2【元不動産会社支店長が明かす!お宝マイホーム・ゲットのツボ】at 2005年08月28日 18:40
子供の名付けは奥が深い。 凝り始めるとそうそう決められなくなる。 ワタシはオクサンが妊娠中の時、つわりの大変さを目の当たりにしたので命名権は オクサンに進呈する事にし、ワタシは日がなのんびりする事にした。 まぁ丸投げとも言える。 ところがオクサンが何....
命名の秘密【おせ君の班日記】at 2005年10月25日 08:00
この記事へのコメント
うちは、こだわりましたよ〜!
姓名判断上は最強の名前です。
全ての画数が吉以上で、大吉が殆ど。
五行・陰陽・語源・人運・地運・外運・総運
ぜ〜んぶこだわった!

そして候補は幾つか出来たんですが、その後インターネットで伏運なるものを知ったのです。(これが不幸の始まり)
この伏運が悪いと、他の運がいくら良くても不慮の事故や事件に巻き込まれてしまう可能性があるってんですよ!!!
Posted by とっちゃん at 2005年08月27日 09:23
続きです(笑)

あれ?名前が文字化けしてる!!!
上の書き込みもこれも「とっちゃんです」

伏運を知る前に、名付けで疲れきってたんですが、そんな事聞くと調べないと気がすまない!!
で、4つある候補のうち、3つが伏運大凶・・・・。
で、かろうじて残った名前が伏運が吉!よかった〜・・・。

皆さん!姓名判断には、はまらないようにしましょう・・・・。
付ける名前がなくなります。

PS,先生によって考え方や画数は異なるので、本は一つだけにしましょう。
でないと、もっと悩んで、付ける名前はもっと無くなります。(←うち??)
Posted by とっちゃん at 2005年08月27日 09:25
>とっちゃん、

そだね、あまりはまらないようにするってのがミソですね。
あくまでも姓名判断は「ふーん、そうなの」ぐらいのスタンスで臨んだほうがいいかもね。
「付ける名前がなくなる」ってのも、笑える。
とっちゃん家では、満足のいく名づけだったみたいで、良かったですね。
Posted by あすきっと at 2005年08月27日 21:41
え?
名前決まったって、聞いてませんでした!
また教えてくださいね。
木曜日にでも。。。^^
Posted by りのこパパ at 2005年08月28日 19:34
>りのこパパ、

ふふふふ。
とうとう見つけてしまいましたね、僕のサイト(笑)。
名前、今度ちゃんと教えますから。
Posted by あすきっと at 2005年08月29日 12:17
子供の名前は我が家はしっかり考える派です。私の名前は万葉集から、子供たちの名前は万葉集や新古今和歌集からとりました。自分の名前で15分は語れるような名前をつけました。
父親のキャバクラの行きすぎか、母親のワイドショーの見すぎのような名前が横行していますが、「名は体をあらわす」の言葉どおり、命名は大切だと思います。
Posted by Harry at 2005年08月29日 20:45
>Harryさん、

古文の世界から命名なんて、素敵ですね。
実はウチも、古代文献から娘の命名のヒントをもらってます。

> 父親のキャバクラの行きすぎか、
> 母親のワイドショーの見すぎのような名前が横行

Harryさんのコメント、ピリッときてこれまたいい!
名前をつけられた子供が、由来がワイドショーだったなんて知った日にゃぁ、大変なことです。
子供自身で語れる命名の由来、いいですね、この考え方。
Posted by あすきっと at 2005年08月30日 00:05
おひさしぶりです!

子供の名前ですか〜。
まだ子供がいないのでなかなか実感できないのですが
『誰にでも正しく読んでもらえる名前』っていうのは
とても共感できます。
絶対読めないよ、っていう友達の子。
しかも意味もない漢字で2文字で構成されていて覚えにくいんです。
会う時は、はてさてなんだったか〜?なんて
事前チェックしているくらいなんですよ(笑)。

先ほど、過去の家づくりの記事にTBさせてもらいました。
PCの調子が悪いのか、2度もTBさせてしまいました。
申し訳ないです。
是非削除をお願いします。
お時間があれば是非遊びに来てくださいね。
Posted by LaLaLa at 2005年08月30日 16:05
>LaLaLaさん

どもです〜。
読みにくい名前でも、親の思いが込められているとすればそれも良し、だと思うんです。でも、やっぱり覚えやすい名前がいいな、個人的な意見ですけど。

トラバの件、りょーかい。  <( ̄o ̄)
アクセスが重くなると、こういう現象は起こりますよね。
僕もよくやっちゃいますので(笑)、気にしないでください。
Posted by あすきっと at 2005年08月30日 19:45
あすきっとさん、大変ご無沙汰してしまいやした。
そしてこのご無沙汰中にこんなおめでたいニュースが・・・
関西キスケの会代表として情けない・・・

そんなことはおいといて、おめでとうございます!
うちの次の子と同じ学年。光栄です!

そういえばうちの子も名前はひらがななので、どうやっても読み方は間違いません。
うちは嫁もひらがななので、名前を決める時に『絶対に誰にも間違えられなくて、しかも覚えてもらいやすい』をキーワードに考えました。

今のところ娘に会った人は確実に名前を覚えてくれるので、作戦は成功のようです(笑)
Posted by kotani at 2005年08月31日 12:36
>kotaniさん、

ども、ご無沙汰です。
「間違えないで読まれる名前」、また1票増えましたね。

上のLaLaLaさんのところから、kotaniさんの会社のサイトの紹介がありましたよ。
いい仕事してると、リンクが貼られるんですね。
Posted by あすきっと at 2005年08月31日 12:50
あっ、りのこパパがいる(笑)
私の名前は悲惨です。1文字20画もある上、女なのに男の名前。
子どもの頃、名前記入欄に上半分しか入らなくてひどい目にあいました。
反動で、うちの女3人は全員ひらがな。絶対読めるよね。
・・・・・ってタイミング遅すぎのコメント(;^^)
Posted by かおる at 2005年09月07日 12:28
>かおるさん、

え?男の名前? そんなことないでしょ。
女の子にひらがなの名前、、ってウチもそうだ。
柔らかイメージになりますね。
わが娘も、かおる家のお嬢さんたちのように育つのを願うばかりです。
Posted by あすきっと at 2005年09月07日 13:13
突然ですむませんんが。

子供の名前を涼
風(すずか)と名付けようかと思いますが、
涼風と書いてすずかと読めるかどうか解かる人が
いれば教えてくれないでしょうか
お願いします。
Posted by きょう at 2005年10月11日 21:17
>きょうさん、

パッと見た感じ、「りょうふう」もしくは「すずかぜ」、って普通は読んじゃいますね。
でも、「すずか」だって言われれば、2回目からは読み間違えはないような気がします。
Posted by あすきっと at 2005年10月11日 23:36
あすきっとさんへ。
 貴重なご意見誠にありがとうございます。
 読めなくはないと言う
 貴方様のご意見で、涼風で決めようかと思います。
  どうもありがとうございます。
   子供が無事出産出来た場合には 
    貴方様の事やこのホームページの事を伝えたいとおもいます。
 つまらない悩みにご返事いただきまして誠にありがとうございます。  
Posted by きょう at 2005年10月12日 21:13
>きょうさん、

やはり、出産間近なのですね。
おめでとうございます。
いろんな人の意見は参考程度にとどめ、最終的には親が判断されるのがいいと思います。考えすぎると、キリがありませんし。
涼風ちゃん、この季節にぴったりの名前だと僕は思います(あくまでも個人的な意見)。
Posted by あすきっと at 2005年10月12日 22:03
 
          

     dell_468x60_2




■■■ も く じ ■■■

迷ったら、トップページへ
スウェーデンハウスで家づくり HOME

はじめにお読みください
beginners' rack とは?

家づくり
41万+α 円の節約
マイホームを考え始めたら
家の模型
本人登記の方法
防犯対策
スウェーデンハウス
家づくりの成功と失敗
家のメンテナンス
加湿器 冬の乾燥対策

住宅ローン
ローンとの戦い
繰り上げ返済とローンの借り換え

DIY
物置をDIYで
レンガアプローチ
表札
手作り木製網戸
トールペイントでネームプレート

ガーデニング
ガーデニングの初心者
チューリップの芽
魅惑のホプシー
芝生の手入れ
シラカバ

ダッチオーブン
ルクルーゼ
火のお話(火おこしキスケ2号)
鶏の丸焼き
スペアリブ
野菜丸ごとスープ
スキレットで餃子
広島風お好み焼き

カスタマイズ
メニューバーのつけ方
独自ドメインでスタート
文字の大きさを変える方法


■オススメ商品

インディアン伝承シャンプー

フランクリン・プランナー

年会費無料クレジットカード比較

引越業者の無料一括見積もり比較

住宅ローン繰上返済と借換 無料相談

ガソリン代節約 燃費改善エコマニア


となりまちショッピングモール Store-mix.com


■DIYの工具のことなら
電動工具市場



キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策


URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録



アクセス解析