2005年02月26日

火のお話 ■01 ダッチオーブンで野外料理 (季節外れだなんて言わないで!)

炭火とダッチオーブン

確かに季節外れかもしれない。
2月だというのに、野外料理のことを書くんだから。

でも、今日のこの記事を書かないでは、ダッチオーブンのネタを書くわけにはいかないのです。


さて、バーベキューをしたり、キャンプ場の炊事場でをおこそうとするとき、新聞紙を闇雲に入れる人がいますね。

あれは良くない。

火付けに必要なのは、ほんのちょっとの新聞紙で充分。
あまり紙を燃やすと、灰が舞って自分の鍋に落下するばかりか、ほかの人の料理にも舞ってしまいます。

よく乾いた細い木を空気が良く通るように組み、少しずつ太目の薪を組んでいくのがセオリーですね。

ジェル状の着火剤を使うっていう手もあるけど、取り扱いには注意です。
容器ごと爆発する事故も多いですから。
できれば使わないことをオススメします。
その炭の上で焼かれるお肉によけいな匂いがつかないようにするためです。
ダッチオーブンを炭の上に置くのなら、なおさらです。

ここでお勧めしたいのが「杉の枯葉」です。
アウトドアで火をおこす場所は、たいてい山の中ですよね。
その辺にありませんか?杉の木が。

枯葉、と言っても、いわゆる広葉じゃなくて、針葉、つまり細い木の枝がびっしり集まっているような茶色に乾燥したものです。
とくに春先では、冬を越した杉がその古い葉を大量に地面に落としています。
適度な油分を含み、かつ、よく乾燥しています。

こいつを火付け用にするわけです。

新聞紙のように灰が舞うことはありませんし、結構火力も強いんです。
あとは、太い薪もしくは炭に火がつくようにすれば良し、です。

かかった費用:0円。

子供の頃、ばあちゃんに連れられて裏山にワラビ採りに行ったとき、杉の枯葉のことを教わったんです。

「いいかい、あすきっと。これが焚き付けにいいんだよ」

と言って杉の枯葉もワラビと一緒に持ち帰り、釜戸に放り込み、その日のご飯を炊く。
老人の知恵、あなどれません。

次回は、ピンポイントエアーについてお届けします。よだれをふくハンカチは忘れずに。




Google
Web blog.askit-bp.com



 ↑  ↑  ↑  ↑
ランキング参加中。
今日は何位だろう?



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/askit_bp/15108606
トラックバックをされる際、当ブログ、もしくは当記事を参照するリンクを貼っていただけると嬉しいです。
記事と関連性のないトラックバックはご遠慮ください。

 
          

     dell_468x60_2




■■■ も く じ ■■■

迷ったら、トップページへ
スウェーデンハウスで家づくり HOME

はじめにお読みください
beginners' rack とは?

家づくり
41万+α 円の節約
マイホームを考え始めたら
家の模型
本人登記の方法
防犯対策
スウェーデンハウス
家づくりの成功と失敗
家のメンテナンス
加湿器 冬の乾燥対策

住宅ローン
ローンとの戦い
繰り上げ返済とローンの借り換え

DIY
物置をDIYで
レンガアプローチ
表札
手作り木製網戸
トールペイントでネームプレート

ガーデニング
ガーデニングの初心者
チューリップの芽
魅惑のホプシー
芝生の手入れ
シラカバ

ダッチオーブン
ルクルーゼ
火のお話(火おこしキスケ2号)
鶏の丸焼き
スペアリブ
野菜丸ごとスープ
スキレットで餃子
広島風お好み焼き

カスタマイズ
メニューバーのつけ方
独自ドメインでスタート
文字の大きさを変える方法


■オススメ商品

インディアン伝承シャンプー

フランクリン・プランナー

年会費無料クレジットカード比較

引越業者の無料一括見積もり比較

住宅ローン繰上返済と借換 無料相談

ガソリン代節約 燃費改善エコマニア


となりまちショッピングモール Store-mix.com


■DIYの工具のことなら
電動工具市場



キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策


URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録



アクセス解析