2005年01月25日

マイホームを考え始めたら 3)金利のはなし

シリーズでお届けする、「マイホームを考え始めたら」。
今日のネタは、「金利のはなし」

 

1)先立つもの(頭金は?)
2)ローンはどうする?(いくら借りるんですか)
3)金利は? (タイミング命)
4)立地(本当に、その土地でいいんですね)
5)将来の家族のありかた(10年後、子供も大人も10歳ずつ年をとってます)
6)家の性能(快適な家がいいに決まってます)
7)メンテナンスの方法(日本人は、あまりにもメンテナンスしなさすぎ)
8)冷暖房設備と換気(ものすごく重要です!)

金利って、どれぐらい気にしてます?
まさか、一昔前の4%とかいう高金利でローン組んで、そのまんま、って人はいませんよね。借り換えてますよね。

これから新築してローンを組む人は、金利に敏感になっているはずです。

僕が言っている金利って、ローンの金利ではないですよ。

10年ものの国債の利率のことですから。


これはどういうことか。

住宅ローンを販売しているほとんどの金融機関は、10年ものの国債の利率をベースに、長期ローンの金利設定をします。だから、国債の利率が下がれば、程なくして住宅ローンの金利は下がります。

この金利の変動のカラクリって、どうなってるの?

という方は、「国債」「金利」みたいなキーワードでググッてみてください。

簡単に言えば、こうです。

経済の低迷で株式市場に魅力を感じなくなった投資家は、より安全な投資先である「国債」を買いにいきますね。そうすると、国債の値が上がるわけです。買いたい人が多いので、当然ですね。

国債の値が上がると、その利率は下がるんです。
(なんで?と言う人は、ネットでいろいろ調べましょう)

つまり、、、
株式市場がさっぱりのとき、つまり経済が停滞しているとき、ローン金利が下がるんです。

そのときに、30年とか、長期ローンを固定金利で契約できた人は、超ラッキーなんです。そのときの低金利が30年も続くんですから。

経済動向、とりわけ平均株価と国債の動きに注目すべきです。ゆるやかに株価が下がり始めたら、その数ヵ月後が、ローン契約のベストタイミングかもしれません。




Google
Web blog.askit-bp.com



 ↑  ↑  ↑  ↑
ランキング参加中。
今日は何位だろう?



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/askit_bp/13018601
トラックバックをされる際、当ブログ、もしくは当記事を参照するリンクを貼っていただけると嬉しいです。
記事と関連性のないトラックバックはご遠慮ください。

 
          

     dell_468x60_2




■■■ も く じ ■■■

迷ったら、トップページへ
スウェーデンハウスで家づくり HOME

はじめにお読みください
beginners' rack とは?

家づくり
41万+α 円の節約
マイホームを考え始めたら
家の模型
本人登記の方法
防犯対策
スウェーデンハウス
家づくりの成功と失敗
家のメンテナンス
加湿器 冬の乾燥対策

住宅ローン
ローンとの戦い
繰り上げ返済とローンの借り換え

DIY
物置をDIYで
レンガアプローチ
表札
手作り木製網戸
トールペイントでネームプレート

ガーデニング
ガーデニングの初心者
チューリップの芽
魅惑のホプシー
芝生の手入れ
シラカバ

ダッチオーブン
ルクルーゼ
火のお話(火おこしキスケ2号)
鶏の丸焼き
スペアリブ
野菜丸ごとスープ
スキレットで餃子
広島風お好み焼き

カスタマイズ
メニューバーのつけ方
独自ドメインでスタート
文字の大きさを変える方法


■オススメ商品

インディアン伝承シャンプー

フランクリン・プランナー

年会費無料クレジットカード比較

引越業者の無料一括見積もり比較

住宅ローン繰上返済と借換 無料相談

ガソリン代節約 燃費改善エコマニア


となりまちショッピングモール Store-mix.com


■DIYの工具のことなら
電動工具市場



キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策


URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録



アクセス解析